ページトップ

HOME > 基準価額一覧 > ファンド詳細

運用情報

基準日 2017年04月27日
基準価額 14,591円
前日比 -8円
(-0.05%)
解約価額 14,548円
純資産総額 54.74億円

基準価額グラフ(設定来)

チャート・過去の分配金など運用実績

  • ※上記は過去の実績・状況であり、将来の運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • ※換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

直近6期決算情報

決算日 基準価額 分配金実績(税引前)
2016年06月20日 12,672円 0円
2015年06月22日 13,524円 1,500円
2014年06月20日 11,012円 800円
2013年06月20日 9,500円 0円
2012年06月20日 6,142円 0円
2011年06月20日 6,569円 0円
設定来累計 2,800円
  • 基準価額・分配金は1万口当たりです。
  • ファンドの当該実績は過去のものであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。
  • 基準価額および基準価額(分配金再投資)は、信託報酬控除後の値です。
  • 基準価額(分配金再投資)は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。
  • 運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。
  • 換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

ページトップへ

ファンドの目的

日本を含む世界株式を主要投資対象とし、ボトムアップ・アプローチを基本としたアクティブ運用により、長期的に安定した値上がり益の獲得をめざします。

ページトップへ

ファンドの特色

万有引力の発見で有名な近代科学の祖ニュートンのように探究心と情熱を持って次の時代を創る国境を越えたイノベーション(産業構造の変化・技術革新)を捉えることをめざします。

鍵(キーワード)は・・・イノベーション
時代は、情報通信、環境ビジネス、ヘルスケア、新素材などのテーマに代表される国境を越えたイノベーションの影響を受け、また、その力は世界の経済や社会の構造自体にも及んでいます。
常に、時代の推移に沿いながら最先端の技術やサービスを見極め、魅力ある投資テーマを追い続ける・・・
ファンドは、次の時代を創るイノベーションを見極め、特定の産業に偏ることなく世界の未来を牽引する関連企業へ積極的に投資し、将来の高い成長性を享受しつつ長期的に安定した運用をめざします。

<投資テーマイメージ>

投資テーマイメージ

日本を含む世界株式に投資します。

イノベーション(産業構造の変化・技術革新)に国境はありません。各投資テーマに沿ったグローバル・ボトムアップ・アプローチによりテーマ分散を意識しながら世界的な競争力のある企業を選定します。

<銘柄選定プロセス>

  • 1.トレンドと投資テーマの分析
  • 2.企業のファンダメンタルズの分析
  • 3.バリュエーションの分析

なお、組入外貨建資産については原則として為替ヘッジを行います。
株式の組入比率は原則として高位を保つこととしますが、相場環境、リスク管理のため、短期金融資産の比率を高める場合があります。

<運用プロセス図>

運用プロセス図

上記は銘柄選定の視点を示したものであり、実際にファンドで投資する銘柄が常に上記の条件を満たすわけではありません。また、こうした企業が必ず利益成長を達成し、株価が上昇するわけではなく、環境によっては業績が悪化し、株価が下落することがある点にご留意ください。

「運用担当者に係る事項」については、委託会社のホームページ(http://www.am.mufg.jp/corp/operation/fm.html)でご覧いただけます。

ページトップへ


主な投資制限

  • 株式への投資割合に制限を設けません。
  • 同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
  • 外貨建資産への投資割合に制限を設けません。
  • デリバティブの使用はヘッジ目的に限定しません。

分配方針

  • 年1回の決算時(6月20日(休業日の場合は翌営業日))に分配を行います。
  • 分配金額は委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。
  • 分配対象収益が少額の場合には、分配を行わないことがあります。また、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。

市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。

ページトップへ

投資リスク

投資リスク

ページトップへ

お申込みメモ

お申込みメモ

ファンドの費用

ファンドの費用

税金

くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

ページトップへ

基準価額チャート

  • 基準価額・基準価額(分配金再投資)は1万口当たりです。
  • 基準価額および基準価額(分配金再投資)は、信託報酬控除後の値です。
  • 基準価額(分配金再投資)は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。
  • 表示期間内に分配金がない場合、基準価額(分配金再投資)は基準価額と等しく表示されます。
  • (ファンドの騰落率が表示されている場合)ファンドの騰落率は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しております。また、ファンドの騰落率と実際の投資者利回りとは異なります。
  • (ファンドの騰落率が表示されている場合)「設定来」選択時の騰落率は、10,000円を起点として計算しています。また、それ以外の表示設定においては常に開始日の基準価額を起点として計算しています。
  • 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入で処理しております。
  • 表示します運用実績(グラフ)は、お客さま自身が選ばれた任意の期間の基準価額(分配金再投資)の推移です。したがって、当社が運用実績の一部を強調し、お客さまに誤解を与えることを意図したものではありません。
  • ファンドの当該実績は過去のものであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。 また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。
  • (表示期間について入力できる場合)ファンドの設定日より以前の日付を指定された場合は、無効となります。
  • (表示期間について入力できる場合)表示期間は2営業日以上で入力してください。
  • (表示期間について入力できる場合)表示期間の開始日または最終日が休業日の場合(営業日に該当しない場合)、開始日は直後の営業日、最終日は直前の営業日の数値を用い算出します。
  • 換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

分配金実績(税引前)

決算日 基準価額 分配金実績(税引前)
2016年06月20日 12,672円 0円
2015年06月22日 13,524円 1,500円
2014年06月20日 11,012円 800円
2013年06月20日 9,500円 0円
2012年06月20日 6,142円 0円
2011年06月20日 6,569円 0円
2010年06月21日 6,239円 0円
2009年06月22日 5,555円 0円
2008年06月20日 9,381円 0円
2007年06月20日 10,893円 500円
2006年06月20日 9,808円 0円
2005年06月20日 6,104円 0円
2004年06月21日 4,487円 0円
2003年06月20日 3,557円 0円
2002年06月20日 4,168円 0円
2001年06月20日 6,033円 0円
設定来累計 2,800円
  • 分配金は1万口当たりです。
  • ファンドの当該実績は過去のものであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。 また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。
  • 換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

過去1年の月報

過去の運用報告書(全体版)

ページトップへ

取扱販売会社

販売会社名 URL 取扱ファンド一覧
SBI証券 http://www.sbisec.co.jp/   取扱ファンド
カブドットコム証券 http://www.kabu.com   取扱ファンド
高木証券 http://www.takagi-sec.co.jp/   取扱ファンド
野村證券(野村ネット&コール) https://nc.nomura.co.jp/   取扱ファンド
フィデリティ証券 http://www.fidelity.jp   取扱ファンド
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 http://www.sc.mufg.jp/   取扱ファンド
楽天証券 http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/ss/   取扱ファンド

※ 注1:「★」の販売会社(申込取扱場所)は、取次販売会社です。

・募集取扱いを行うすべての販売会社が掲載されていない場合があります。

・販売会社については当社のフリーダイヤルにお問い合わせください。

ページトップへ

ご購入の際は、必ず「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。ご購入の際は、必ず「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。


  • お気に入り
  • 最近見た