ページトップ

HOME > 基準価額一覧 > ファンド詳細

ピムコ・グローバル・ハイイールド・ファンド(毎月分配型)

ピムコ・グローバル・ハイイールド・ファンド(毎月分配型)

追加型投信 海外 債券

日本経済新聞掲載名 ピムコG

ファンド関連のお知らせ

すべて表示

関連キーワード

すべて表示

運用情報

基準日 2017年04月24日
基準価額 4,777円
前日比 -8円
(-0.17%)
解約価額 4,763円
純資産総額 487.78億円

基準価額グラフ(設定来)

チャート・過去の分配金など運用実績

  • ※上記は過去の実績・状況であり、将来の運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • ※換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

直近6期決算情報

決算日 基準価額 分配金実績(税引前)
2017年04月07日 4,839円 35円
2017年03月07日 4,989円 35円
2017年02月07日 4,938円 35円
2017年01月10日 5,107円 35円
2016年12月07日 4,958円 35円
2016年11月07日 4,512円 35円
設定来累計 9,391円
  • 基準価額・分配金は1万口当たりです。
  • ファンドの当該実績は過去のものであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。
  • 基準価額および基準価額(分配金再投資)は、信託報酬控除後の値です。
  • 基準価額(分配金再投資)は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。
  • 運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。
  • 換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

ページトップへ

ファンドの目的

世界各国のハイイールド債券を実質的な主要投資対象とし、相対的に利回りの高い社債等へ分散投資することにより、高い利子収入の獲得をめざします。

ページトップへ

ファンドの特色

高い利子収入の獲得をめざして、ハイイールド債券に投資します。

  • 世界各国の相対的に利回りが高い社債等を実質的な主要投資対象とします。
  • ハイイールド債券への実質的な投資は、円建外国投資信託への投資を通じて行います。
  • BofAメリルリンチ デベロップド・マーケッツ・ハイイールド・インデックス(BB-B、円ベース)をベンチマークとします。

BofAメリルリンチ デベロップド・マーケッツ・ハイイールド・インデックス(BB-B)とは、BofAメリルリンチ社が算出する主な先進国のハイイールド債券の値動きを示す代表的な指数です。“円ベース”とは円換算してインデックスを算出することを意味しており、インデックスの値動きは為替相場の変動の影響を直接的に受けます。

ベンチマークとは、ファンドの運用を行うにあたって運用成果の目標基準とする指標です。

日本の発行体が発行する円建て以外の債券に投資することがあります。円建ての債券への投資は残存期間が1年以内の短期公社債に限定します。

  • 投資対象とする円建外国投資信託における運用プロセスは、以下の通りです。

投資対象とする円建外国投資信託における運用プロセス

上記の運用プロセスは変更される場合があります。また、市場環境等によっては上記のような運用ができない場合があります。

「運用担当者に係る事項」については、委託会社のホームページ(http://www.am.mufg.jp/corp/operation/fm.html)でご覧いただけます。

ハイイールド債券とは

格付会社(スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)、ムーディーズ・インベスターズ・サービス(Moody's)など)によりBB格相当以下の低い格付けを付与された債券をいいます。
一般的にハイイールド債券は、投資適格債券(BBB格相当以上)と比較して、債券の元本や利子の支払いが滞ることや、支払われなくなるリスクが高いため、通常、その見返りとして投資適格債券よりも高い利回りを投資家に提供しています。
つまり、ハイイールド債券は、主として社債を中心とした低格付けの発行体が発行する債券で、信用力が低い反面、高い利回りが期待できる債券です。

グローバル債券運用で実績のあるピムコ社が運用を担当します。

  • 三菱UFJ国際投信は、運用の指図に関する権限をピムコジャパンリミテッドに委託します。
  • ピムコジャパンリミテッドは、ピムコ社が運用する円建外国投資信託を通じて世界のハイイールド債券および三菱UFJ国際投信が運用する国内投資信託を通じて国内の短期公社債等に投資します。

ピムコ社とは

ピムコ社(PIMCO=Pacific Investment Management Company LLC)は1971年に米国で設立された債券運用に強みを持つ会社です。ピムコジャパンリミテッドは、PIMCOグループの日本における拠点です。

運用の指図に関する権限の委託を受ける者、委託の内容、委託の有無等については、変更する場合があります。

毎月の安定分配をめざします。

  • 毎月7日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、原則として、利子収入等を中心に、経費等を勘案して安定分配を行うことをめざします。
  • ベンチマークの最終利回りを基準とした分配をめざします。
    ただし、分配対象収益が少額の場合には、分配を行わないことがあります。また、分配金額は運用実績に応じて変動します。将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。

収益分配金に関する留意事項

  • ◆分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。

投資信託で分配金が支払われるイメージ

  • ◆分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。
    また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
分配対象額は、(1)経費控除後の配当等収益および(2)経費控除後の評価益を含む売買益ならびに(3)分配準備積立金および(4)収益調整金です。
分配金は、分配方針に基づき、分配対象額から支払われます。

計算期間中に発生した収益を超えて支払われる場合

前期決算日から基準価額が上昇した場合

前期決算日から基準価額が上昇した場合

前期決算日から基準価額が下落した場合

前期決算日から基準価額が下落した場合

  • ※上記はイメージであり、実際の分配金額や基準価額を示唆するものではありませんのでご留意ください。
分配準備積立金:
当期の(1)経費控除後の配当等収益および(2)経費控除後の評価益を含む売買益のうち、当期分配金として支払わなかった残りの金額をいいます。信託財産に留保され、次期以降の分配金の支払いに充当できる分配対象額となります。
収益調整金:
追加型投資信託で追加設定が行われることによって、既存の受益者への収益分配可能額が薄まらないようにするために設けられた勘定です。
  • ◆投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。

分配金の一部が元本の
一部払戻しに相当する場合

分配金の一部が元本の一部払戻しに相当する場合

  • ※元本払戻金(特別分配金)は実質的に元本の一部払戻しとみなされ、その金額だけ個別元本が減少します。
    また、元本払戻金(特別分配金)部分は非課税扱いとなります。

分配金の全部が元本の
一部払戻しに相当する場合

分配金の全部が元本の一部払戻しに相当する場合


普通分配金 :
個別元本(投資者のファンドの購入価額)を上回る部分からの分配金です。
元本払戻金(特別分配金) :
個別元本を下回る部分からの分配金です。分配後の投資者の個別元本は、元本払戻金(特別分配金)の額だけ減少します。
  • (注)普通分配金に対する課税については、後掲「手続・手数料等」の「ファンドの費用・税金」をご参照ください。

ページトップへ

ファンドの仕組み

運用はファンド・オブ・ファンズ方式により行います。

ファンドの仕組み

主な投資制限

投資信託証券 投資信託証券への投資割合に制限を設けません。
外貨建資産 外貨建資産への直接投資は行いません。

組入債券の格付けについて

  • ハイイールド債券への実質的な投資は購入時にB格相当(B-格相当を含む)以上に限定します。(購入時にCCC格相当以下の債券への投資は行いません。)
  • 分散投資によりリスクの低減を図ることをめざします。(同一の発行体が発行する銘柄への投資比率は、取得時において純資産総額の3%以内とします(国債や政府機関債等を除きます。)。)
  • 組入債券の平均格付けは、ポートフォリオ全体で原則としてB-格相当以上を維持します。

格付けとは

■格付けと利回りについて
格付けと利回りについて

債券の中長期的な元本・利子の支払いの確実性の度合いについてランク付けしたものです。これは、アルファベットを使った簡単な記号で表現されており、世界各国、産業別の債券について比較しやすいため、広く利用されています。

S&PのAAからCCCまでの格付けには「+、-」、Moody'sのAaからCaaまでの格付けには「1、2、3」という付加記号を省略して表示しています。
右記は格付けと利回りの間の一般的な関係を示したイメージ図であり、利回りは格付け以外の要因によっても変動するため、この関係通りの利回りが成立しない場合があります。

投資対象ファンド(外国投資信託)の資産配分(格付け別構成比率)
(2016年12月30日現在)

投資対象ファンド(外国投資信託)の資産配分(格付け別構成比率)

実質的な投資を行う外国投資信託の格付け分布を表示しています。
S&P、Moody'sのうち、最も高い格付けを採用しています。
上記2社の格付けを取得していない場合は、フィッチ・レーティングス社またはピムコ社による独自の格付けを採用しています。
先物取引、スワップ取引、オプション取引を考慮して算出しているため、取引内容によってはマイナスの値が表示されることがあります。

四捨五入の関係で上記の数字を合計しても100%にならないことがあります。

上記のグラフは過去の実績・状況であり、将来の運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。

組入債券の通貨構成について

  • 実質的な組入外貨建資産については原則として為替ヘッジを行いません。そのため、為替相場の変動による影響を受けます。

投資対象ファンド(外国投資信託)の資産配分(通貨別構成比率)
(2016年12月30日現在)

投資対象ファンド(外国投資信託)の資産配分(通貨別構成比率)

実質的な投資を行う外国投資信託の通貨別組入比率を表示しています。
先物取引、スワップ取引、オプション取引を考慮して算出しているため、取引内容によってはマイナスの値が表示されることがあります。

ハイイールド債券は米ドル建てで発行されることが多いため、ファンドは米ドル建資産の構成比率が相対的に高くなります。

四捨五入の関係で上記の数字を合計しても100%にならないことがあります。

上記のグラフは過去の実績・状況であり、将来の運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。

組入債券のデュレーションについて

  • 組入債券の平均デュレーションは原則としてベンチマーク比±2年以内とします。

デュレーションとは、債券の投資元本の回収に要する平均残存期間や金利感応度を意味する指標です。この値が大きいほど、金利変動に対する債券価格の変動率が大きくなります。

金利の変化と債券価格の変動の関係(イメージ図)

金利の変化と債券価格の変動の関係(イメージ図)

市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。

ページトップへ

投資リスク

投資リスク

ページトップへ

お申込みメモ

お申込みメモ

ファンドの費用

ファンドの費用

税金

くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

ページトップへ

基準価額チャート

  • 基準価額・基準価額(分配金再投資)は1万口当たりです。
  • 基準価額および基準価額(分配金再投資)は、信託報酬控除後の値です。
  • 基準価額(分配金再投資)は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。
  • 表示期間内に分配金がない場合、基準価額(分配金再投資)は基準価額と等しく表示されます。
  • (ファンドの騰落率が表示されている場合)ファンドの騰落率は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しております。また、ファンドの騰落率と実際の投資者利回りとは異なります。
  • (ファンドの騰落率が表示されている場合)「設定来」選択時の騰落率は、10,000円を起点として計算しています。また、それ以外の表示設定においては常に開始日の基準価額を起点として計算しています。
  • 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入で処理しております。
  • 表示します運用実績(グラフ)は、お客さま自身が選ばれた任意の期間の基準価額(分配金再投資)の推移です。したがって、当社が運用実績の一部を強調し、お客さまに誤解を与えることを意図したものではありません。
  • ファンドの当該実績は過去のものであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。 また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。
  • (表示期間について入力できる場合)ファンドの設定日より以前の日付を指定された場合は、無効となります。
  • (表示期間について入力できる場合)表示期間は2営業日以上で入力してください。
  • (表示期間について入力できる場合)表示期間の開始日または最終日が休業日の場合(営業日に該当しない場合)、開始日は直後の営業日、最終日は直前の営業日の数値を用い算出します。
  • 換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

分配金実績(税引前)

決算日 基準価額 分配金実績(税引前)
2017年04月07日 4,839円 35円
2017年03月07日 4,989円 35円
2017年02月07日 4,938円 35円
2017年01月10日 5,107円 35円
2016年12月07日 4,958円 35円
2016年11月07日 4,512円 35円
2016年10月07日 4,637円 35円
2016年09月07日 4,601円 35円
2016年08月08日 4,531円 35円
2016年07月07日 4,410円 55円
2016年06月07日 4,786円 55円
2016年05月09日 4,755円 55円
2016年04月07日 4,901円 55円
2016年03月07日 5,034円 55円
2016年02月08日 5,095円 55円
2016年01月07日 5,301円 55円
2015年12月07日 5,654円 55円
2015年11月09日 5,770円 55円
2015年10月07日 5,622円 55円
2015年09月07日 5,719円 55円
2015年08月07日 6,056円 55円
2015年07月07日 6,018円 55円
2015年06月08日 6,258円 55円
2015年05月07日 6,044円 55円
2015年04月07日 6,027円 55円
2015年03月09日 6,150円 55円
2015年02月09日 6,121円 55円
2015年01月07日 6,077円 55円
2014年12月08日 6,368円 55円
2014年11月07日 6,134円 55円
2014年10月07日 5,870円 55円
2014年09月08日 5,772円 55円
2014年08月07日 5,659円 55円
2014年07月07日 5,824円 55円
2014年06月09日 5,878円 55円
2014年05月07日 5,859円 55円
2014年04月07日 5,981円 55円
2014年03月07日 6,000円 55円
2014年02月07日 5,871円 55円
2014年01月07日 6,074円 55円
2013年12月09日 5,989円 55円
2013年11月07日 5,765円 55円
2013年10月07日 5,651円 55円
2013年09月09日 5,699円 55円
2013年08月07日 5,706円 55円
2013年07月08日 5,806円 55円
2013年06月07日 5,823円 55円
2013年05月07日 6,062円 55円
2013年04月08日 5,869円 55円
2013年03月07日 5,662円 55円
2013年02月07日 5,713円 55円
2013年01月07日 5,406円 55円
2012年12月07日 5,042円 55円
2012年11月07日 4,898円 55円
2012年10月09日 4,801円 55円
2012年09月07日 4,823円 55円
2012年08月07日 4,771円 55円
2012年07月09日 4,809円 55円
2012年06月07日 4,703円 55円
2012年05月07日 4,965円 55円
2012年04月09日 5,096円 55円
2012年03月07日 5,036円 55円
2012年02月07日 4,786円 55円
2012年01月10日 4,697円 55円
2011年12月07日 4,740円 55円
2011年11月07日 4,891円 70円
2011年10月07日 4,526円 70円
2011年09月07日 4,835円 70円
2011年08月08日 5,151円 70円
2011年07月07日 5,470円 70円
2011年06月07日 5,523円 70円
2011年05月09日 5,627円 85円
2011年04月07日 5,982円 85円
2011年03月07日 5,807円 85円
2011年02月07日 5,781円 85円
2011年01月07日 5,825円 85円
2010年12月07日 5,798円 100円
2010年11月08日 5,946円 100円
2010年10月07日 6,030円 100円
2010年09月07日 5,988円 100円
2010年08月09日 6,159円 100円
2010年07月07日 6,140円 100円
2010年06月07日 6,415円 100円
2010年05月07日 6,808円 100円
2010年04月07日 6,997円 100円
2010年03月08日 6,734円 100円
2010年02月08日 6,659円 100円
2010年01月07日 7,087円 100円
2009年12月07日 6,788円 100円
2009年11月09日 6,801円 100円
2009年10月07日 6,692円 100円
2009年09月07日 6,739円 100円
2009年08月07日 6,984円 66円
2009年07月07日 6,460円 66円
2009年06月08日 6,697円 66円
2009年05月07日 6,399円 66円
2009年04月07日 6,049円 66円
2009年03月09日 5,500円 66円
2009年02月09日 5,777円 66円
2009年01月07日 6,032円 66円
2008年12月08日 5,166円 66円
2008年11月07日 6,317円 66円
2008年10月07日 7,138円 66円
2008年09月08日 8,740円 66円
2008年08月07日 9,058円 66円
2008年07月07日 9,035円 66円
2008年06月09日 9,340円 66円
2008年05月07日 9,374円 66円
2008年04月07日 8,913円 66円
2008年03月07日 8,941円 66円
2008年02月07日 9,409円 66円
2008年01月07日 9,706円 66円
2007年12月07日 10,013円 66円
2007年11月07日 10,389円 66円
2007年10月09日 10,669円 66円
2007年09月07日 10,236円 66円
2007年08月07日 10,351円 66円
2007年07月09日 11,202円 66円
2007年06月07日 11,289円 66円
2007年05月07日 11,262円 66円
2007年04月09日 11,008円 66円
2007年03月07日 10,738円 66円
2007年02月07日 11,132円 66円
2007年01月09日 10,921円 66円
2006年12月07日 10,640円 66円
2006年11月07日 10,789円 57円
2006年10月10日 10,764円 57円
2006年09月07日 10,487円 57円
2006年08月07日 10,214円 57円
2006年07月07日 10,180円 57円
2006年06月07日 10,159円 57円
2006年05月08日 10,168円 57円
2006年04月07日 10,612円 57円
2006年03月07日 10,552円 57円
2006年02月07日 10,660円 57円
2006年01月10日 10,284円 57円
2005年12月07日 10,695円 57円
2005年11月07日 10,471円 55円
2005年10月07日 10,171円 55円
2005年09月07日 10,034円 55円
2005年08月08日 10,213円 53円
2005年07月07日 10,095円 53円
2005年06月07日 9,636円 53円
2005年05月09日 9,319円 53円
2005年04月07日 9,862円 53円
2005年03月07日 9,789円 53円
2005年02月07日 9,651円 53円
2005年01月07日 9,793円 53円
2004年12月07日 9,582円 50円
2004年11月08日 9,829円 50円
設定来累計 9,391円
  • 分配金は1万口当たりです。
  • ファンドの当該実績は過去のものであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。 また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。
  • 換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

過去1年の月報

過去の運用報告書(全体版)

ページトップへ

取扱販売会社

販売会社名 URL 取扱ファンド一覧
イオン銀行 http://www.aeonbank.co.jp/   取扱ファンド
伊予銀行 http://www.iyobank.co.jp/   取扱ファンド
いよぎん証券 http://www.iyogin-sec.co.jp/   取扱ファンド
SBI証券 http://www.sbisec.co.jp/   取扱ファンド
カブドットコム証券 http://www.kabu.com   取扱ファンド
紀陽銀行 http://www.kiyobank.co.jp/   取扱ファンド
京都銀行 http://www.kyotobank.co.jp/   取扱ファンド
群馬銀行 http://www.gunmabank.co.jp/goods/yokin/yokin8.htm   取扱ファンド
鳥取銀行 http://www.tottoribank.co.jp/   取扱ファンド
百五証券 http://www.105sec.co.jp/   取扱ファンド
マネックス証券 http://www.monex.co.jp/   取扱ファンド
三菱東京UFJ銀行 http://www.bk.mufg.jp/   取扱ファンド
三菱UFJ信託銀行 http://www.tr.mufg.jp/   取扱ファンド
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 http://www.sc.mufg.jp/   取扱ファンド
宮崎銀行 http://www.miyagin.co.jp/   取扱ファンド
山形銀行 http://www.yamagatabank.co.jp/   取扱ファンド
楽天証券 http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/ss/   取扱ファンド

※ 注1:「★」の販売会社(申込取扱場所)は、取次販売会社です。

・募集取扱いを行うすべての販売会社が掲載されていない場合があります。

・販売会社については当社のフリーダイヤルにお問い合わせください。

ページトップへ

ご購入の際は、必ず「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。ご購入の際は、必ず「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。


  • お気に入り
  • 最近見た