まずは、運用実績を確認する

運用実績

運用実績 騰落率 分配金

基準日 2017/04/25
基準価額 9,229円
基準価額前日比(円) +70円
基準価額前日比(%) +0.76%
純資産総額
直近決算日 2017/02/27
直近分配金 0.00円

※分配金は1万口当たり、税引前

期間 騰落率
(分配金再投資)
1ヵ月 -1.05%↓
3ヵ月 3.97%↑
6ヵ月 13.41%↑
1年 2.42%↑
3年 38.24%↑
5年 164.79%↑
設定来 200.40%↑

2017年04月25日現在

決算日 基準価額 分配金実績
2017年02月27日 9,425円 0.00円
2016年08月29日 8,291円 0.00円
2016年02月29日 8,743円 0.00円
2015年08月27日 10,001円 402.00円
2015年02月27日 10,000円 2,810.00円
2014年08月27日 10,000円 522.00円
2014年02月27日 10,001円 2,796.00円
2013年08月27日 10,000円 2,253.40円
2013年02月27日 9,768円 0.00円
2012年08月27日 7,609円 0.00円
2012年02月27日 7,351円 0.00円
2011年08月29日 6,127円 0.00円
2011年02月28日 6,614円 0.00円
2010年08月27日 5,818円 0.00円
2010年03月01日 6,869円 0.00円
2009年08月27日 6,695円 0.00円
2009年02月27日 5,649円 0.00円
2008年08月27日 8,722円 0.00円
2008年02月27日 8,464円 0.00円
2007年08月27日 9,622円 0.00円
2007年02月27日 10,000円 1,205.40円
2006年08月28日 10,000円 201.00円
2006年02月27日 10,000円 1,150.10円
2005年08月29日 10,000円 1,370.10円
2005年02月28日 10,000円 217.80円
2004年08月27日 9,591円 0.00円
設定来累計 12,927.80円
すべての期間の分配金実績(税引前)を表示(設定来累計もこちら)

※分配金は1万口当たり、税引前

基準価額チャート

設定来データをcsv形式でダウンロード

最新のマンスリーレポートを見る

  • 設定来のファンドの騰落率は当初設定価額(10,000円)を起点として算出しています。
  • 基準価額および基準価額(分配金再投資)は1万口当たりです。
  • 基準価額および基準価額(分配金再投資)は、信託報酬控除後の値です。
  • 基準価額(分配金再投資)は、当ファンドの公表している基準価額に、収益分配金(税引前)をその分配を行う日に全額再投資したと仮定して算出したものです。
  • 各期間の騰落率と実際の投資家利回りは異なります。
  • 基準価額(分配金再投資)や騰落率は、計算方法等により異なる場合があります。
  • 将来の収益分配金の支払いおよびその金額について示唆、保証するものではなく、委託会社の判断により、分配を行わない場合もあります。
  • 上記は、あくまで過去の運用実績であり、将来の投資成果をお約束するものではありません。また、税金、手数料等を考慮しておりませんので、投資者の皆様の実質的な投資成果を示すものではありません。

最新のお知らせやレポートを読む

お知らせ

レポート

ヘルスケア・バイオ株式のマーケットや関連トピックなどを取り上げた情報提供資料。本レポートは不定期に発行されます。

健次ってどんなファンド?

動画

健次を知るには、まずこちらの動画をご覧ください

「ヘルスケアセクター 過去から未来へ」(7分57秒)

長い歴史が未来への期待を繋ぐ 「ヘルスケアセクター 過去から未来へ

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンドが着目するヘルスケアセクター。
長い歴史と未来への期待が詰まっています!

再生できない方はコチラをお試しください。

もっと健次について学ぶ

ヘルスケア・バイオファンドの魅力

市場の魅力 3つの成長ドライバー

高齢化の進展に伴う医療費の増加(先進国)

  • 先進国を中心に世界的に高齢化が一段と進展する見込みです。
  • 高齢者人口の増加は、医薬品需要の長期的な拡大を支える要因になると考えられます。
65歳以上の人口、割合
日本の年齢階級別1人当たり年間医療費(平成26年度)

人口増加と所得増から見込まれる医療費の増加(新興国)

  • 世界の人口は、新興国を中心に増加する見込みです。
  • 名目GDPと医療支出には相関関係が読み取れます。新興国では、今後経済成長により1人当たり名目GDPが高まることで医療支出の増加が見込まれ、世界全体の医薬品需要を牽引すると予想されます。
世界の人口推移
名目GDPと医療支出の関係

バイオテクノロジーの進化と治療領域の広がり(バイオ医薬品の発展)

バイオ医薬品の売上高拡大

2015年の世界の医薬品売上高ランキングを見ると、2005年と比べバイオ医薬品の売り上げが増加してきました。今後もバイオ医薬品は難治療分野への展開が見込まれ、売り上げの拡大が期待されます。

世界の医薬品売上高上位10品目(2005年vs2015年)

バイオ医薬品の登場により、患者さんの負担軽減につながり、生活の質の改善に役立っています。

新しい仲間のご紹介

健次の「ヘッジあり」が仲間入り

もっと詳しく健次を知りたい方はファンド詳細ページをご覧ください

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次)が、
Morningstar Award “Fund of the Year 2015” 国際株式型部門 最優秀ファンド賞を受賞しました。
  • 本ページでは、グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンドを「健次」と愛称で記載することがあります。

【Morningstar Award“Fund of the Year 2015”について】
Morningstar Award “Fund of the Year 2015”は過去の情報に基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスターが信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。
当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2015年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。国際株式型 部門は、2015年12月末において当該部門に属するファンド1,088本の中から選考されました。

投資信託の取得のお申込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)で必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。ご購入に際しては、投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分にお読みください。