三菱UFJ国際投信株式会社
三菱UFJ国際投信株式会社

NISA(ニーサ)とは、証券優遇税制である少額投資非課税制度(日本版ISA)の愛称です。
NISAでは、年間100万円までの投資から生じる分配金や値上がり益などが非課税(税率0%)になります。

年間投資額の上限が、2016年から120万円に拡大されます。同年に非課税投資枠が80万円のジュニアNISAが始まります。

NISAの特長

△ ページトップへ

NISAのスキーム

  • 株式投資信託や上場株式への投資から生じる所得に対する課税が、年間100万円(2016年からは120万円)までは非課税となります。途中売却は可能です。しかし、売却した分の枠を再利用することはできません。
  • 1年間で非課税投資枠を使い切らなかった場合、残った枠を次の年に繰り越すことはできません。なお、値上がりしたときの残高に関しては、制限を設けません。
  • 5年の非課税期間が終了後、非課税投資枠を上限にNISA口座内の株式投資信託・上場株式を翌年の新規非課税期間へ引き継ぐことができます(ロールオーバー制度)。ロールオーバー制度を利用することで、実質的に最長10年間非課税の恩恵を受けることができます。

なお、ロールオーバー制度の利用(非課税口座内上場株式等移管)には、お客さまから金融機関へ書面の提出が必要です。

NISAのスキーム

※年間投資額の上限が、2016年から120万円に拡大されます。

△ ページトップへ

NISAの利用イメージ

1年の間であれば、一度に上限の100万円を投資することも、分割して投資を行うこともできます。

投資額の一部を売却した場合、非課税投資枠は再利用できません。

1年の間に、上限の100万円まで投資をしなかった場合、残りの枠を翌年以降に繰り越すことはできません。

※年間非課税投資枠の上限が、2016年から120万円に拡大されます。

△ ページトップへ

投資信託における非課税となる利益のイメージ

非課税期間中は受け取った「普通分配金」と売却時の「値上がり益」が非課税になります。

※年間非課税投資枠の上限が、2016年から120万円に拡大されます。

△ ページトップへ

口座開設のステップ

口座開設のステップ

  • ※口座の開設には時間を要する場合がありますのでご注意ください。詳細は申込みをされる金融機関にお問合せください。
  • ※ジュニアNISAは口座開設手順が一部異なります。詳しくはジュニアNISAのページをご覧ください。

NISAに関するご留意事項

  • NISAとは、「少額投資非課税制度」のことです。上記は、各年税制改正大綱、その他各種報道資料に基づき作成されていますが、将来、制定される制度の内容が変更になる、または一旦制定された制度が変更・廃止になる可能性等があります。
  • NISA口座では、年間100万円まで有価証券の購入を行うことができ、NISA口座で保有している有価証券を一度売却するとその非課税枠の再利用はできません。なお、年間非課税投資枠の上限が、2016年から120万円に拡大されます。
  • 非課税となる投資枠の残額を翌年以降に繰り越すことはできません。
  • NISA口座の損失について、特定口座や一般口座で保有する他の有価証券の売買益や配当金との損益通算ができず、当該損失の繰越控除もできません。
  • 投資信託における分配金のうち元本払戻金(特別分配金)はそもそも非課税であり、NISAにおいては制度上のメリットを享受できません。
本サイトは、平成26年度税制改正法に基づき作成されていますが、将来、制定される制度の内容が変更になる、または一旦制定された制度が変更・廃止になる可能性等があります。