ここからが本文です

解説:運用報告書・レポート(月報)の見方

運用中には何をすればいいか

運用中に何をすればいいか

購入されてからが、投資信託とのお付き合いのはじまりです。

投資信託の基準価額は、運用会社のホームページ上に、その日の夜には掲載されます。また、翌日の日本経済新聞で、追加型投資信託の前日の基準価額をチェックすることができます。他紙でも、残高の多い投資信託等については掲載されるものもあります。

一方、日々の値動きに、あまり一喜一憂したり、時間を使いたくない、という方もいるでしょう。

購入されますと、その投資信託の決算期ごとに、「運用報告書」が作成され、みなさまに交付されます。1年決算の投資信託については、1年に1度、半年決算のものについては、半年に1度、交付されることになっています。毎月決算のものについては、半年に1度、6期分を合わせて報告されています。

運用報告は、運用会社に課せられた情報開示義務の1つでもあります。したがって、どのような投資信託でも運用報告書は作成されますので、チェックしてみてください。

では、運用報告書には、どのような情報が掲載されているのでしょうか。簡単に見てみましょう。

  • (1)運用実績
    最近5期の運用実績と当期の基準価額、市況等の推移を知ることができます。
  • (2)期中の運用経過
    市況概況、運用概況等が掲載されています。ここで、基準価額の主な変動要因、ベンチマークとの比較、組入銘柄の入れ替え等をチェックすることができます。
  • (3)今後の運用方針
    これからどのような方針で運用を行っていくか、方針が示されています。
  • (4)組入有価証券明細表
    組み入れている債券、株式について、期首と期末時点の評価額が掲載されています。期首と期末の株数等を見ることによって、当期中に、どのような運用をしたか、がわかります。
  • (5)信託財産の構成
    株式、債券、短期金融商品(コールローン等)の期首と期末の評価額、比率等がわかります。
  • (6)資産、負債、元本及び基準価額の状況
    期首と期末の資産、負債、純資産総額、受益権総口数、1万口当たりの基準価額等が掲載され、その投資信託の状況を把握することができます。
  • (7)損益の状況
    こうした運用の結果、損益はどうなっているのかがわかります。
  • (8)マザーファンドの運用報告
    同様の運用方針をもつ複数の投資信託の資金をまとめて効率的に運用するために、「マザーファンド」を設定する場合があります。マザーファンドを通じて運用する投資信託の場合、マザーファンドについてもその運用状況が報告されます。
  • (9)当期の分配金
    1万口当たり分配金○○円などと分配金について、報告されています。

運用報告書はページ数も多く、全部読むのはおっくうに思われるかもしれませんが、その期間の投資信託の状況を、細かい所まで知ることのできる大切な資料です。

月次のレポート内容

次に、毎月発行される「マンスリーレポート(月報)」について紹介します。

マンスリーレポートは、運用会社や取扱販売会社のホームページでチェックすることができます。
マンスリーレポートには、「ファンドの特色」「商品概要(費用含む)」と、以下の情報が掲載されています。

  • (1)運用実績
    基準価額とベンチマーク、純資産総額の推移がチャート及び数字で示されています。
    分配金の実績、累積リターン、期間別騰落率等、投資信託によって多少の違いはありますが、みなさまが知りたい直近1カ月間およびその投資信託の設定以来の運用状況が一覧できるようになっています。
  • (2)組入資産の状況
    組入資産の推移、組入上位銘柄等、レポート作成時点の投資信託の状況が把握できるようになっています。
  • (3)運用の振り返りと方針
    過去1ヵ月間の市場動向分析とそれをもとにした今後の運用方針が記載されています。

保有にあたっての判断材料になる

以上のような資料から、投資信託の保有者はたくさんの情報を得ることができます。それでは、こうした情報から、何を読み取ればいいのでしょうか。

それは、

  • ○運用実績は、満足のいくものか
  • ○今もこの投資信託の運用方針や方法、運用会社の考えに、共感できるか
  • ○これからもこの投資信託は、大切なお金を託すに値するか

などでしょう。

投資信託は、価格の変動するものですから、良い時も悪い時もあります。例えば、満足の行くような運用実績がでなかった時でも、

  • ベンチマークは上回っている
  • 組入上位銘柄を見たら、期待の持てる銘柄が多かった
  • 運用会社の今後の相場見通しが、共感の持てるものだった

などといったことがレポートから読み取れたのであれば、続けて保有することに、安心感を持つことができると思われます。

もちろん、投資信託の情報は運用報告書やマンスリーレポートだけではありません。運用会社のホームページにも詳しい情報が掲載されています。

基準価額はその日の夜に掲載されますし、何か大きな出来事が起こった際は、特別レポートが掲載されることもあります。

また、為替相場、株式市場の様子、長期金利の動向などの最新情報は、テレビやインターネット等で確認することができます。

投資信託を購入された多くのみなさまが、経済ニュースは苦手だったが、投資信託を購入してからは興味深く見ることができるようになった、と話されています。

ここまでが本文です このページの本文へ戻る