ページトップ

HOME > 基準価額一覧 > ファンド詳細

エマージング・ソブリン・オープン(1年決算型)

エマージング・ソブリン・オープン(1年決算型)

追加型投信 海外 債券

日本経済新聞掲載名 エマソブ1年

ファンド関連のお知らせ

すべて表示

運用情報

基準日 2016年09月27日
基準価額 22,821円
前日比 -154円
(-0.67%)
解約価額 22,707円
純資産総額 79.79億円

基準価額グラフ(設定来)

チャート・過去の分配金など運用実績

  • ※上記は過去の実績・状況であり、将来の運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • ※換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

直近6期決算情報

決算日 基準価額 分配金実績(税引前)
2016年08月05日 22,522円 10円
2015年08月05日 25,053円 10円
2014年08月05日 20,672円 10円
2013年08月05日 18,366円 10円
2012年08月06日 15,178円 10円
2011年08月05日 13,819円 10円
設定来累計 130円
  • 基準価額・分配金は1万口当たりです。
  • ファンドの当該実績は過去のものであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。
  • 基準価額および基準価額(分配金再投資)は、信託報酬控除後の値です。
  • 基準価額(分配金再投資)は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。
  • 運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。
  • 換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

ページトップへ

ファンドの目的

高水準かつ安定的なインカムゲインの確保とキャピタルゲインの獲得を目的として、信託財産の成長を目指して運用を行います。

ページトップへ

ファンドの特色

エマージング・カントリー(新興国)のソブリン債券および準ソブリン債券を主要投資対象とし、分散投資を行います。

  • ◆ 新興国が米国市場やユーロ市場等の国際的な市場および自国市場で発行する米ドル建のソブリン債券を中心に、準ソブリン債券への投資も行います。
    (一部、ユーロ建の債券に投資する場合があります。)
    新興国の現地(自国)通貨建債券への投資は、行いません。

【エマージング・カントリー(新興国)】
一般的に、先進国と比較すると証券市場は未発達なものの、経済成長の著しい、あるいは可能性の高い新興諸国を指します。

【ソブリン債券】
各国政府や政府機関が発行する債券の総称で、自国通貨建・外国通貨建があります。また、世界銀行やアジア開発銀行など国際機関が発行する債券もこれに含まれます。

【準ソブリン債券】
政府の出資比率が50%を超えている企業の発行する債券とします。

現在の投資先(2016年2月29日現在)

現在の投資先

  • ※上記は、2016年2月29日現在のものです。最新の運用状況は委託会社のホームページにてご確認いただけます。
  • ※比率とは、当ファンドの純資産に対する比率であり、マザーファンドの組入比率に基づき算出した実質ベースの数値で表記しています。
  • ※上記の投資先は将来変更となる可能性があります。

重大な投資環境の変化が生じた場合には、信託財産の保全の観点から、運用者の判断により主要投資対象への投資を大幅に縮小する場合があります。

新興国のソブリン債券、準ソブリン債券からの高水準かつ安定した利子収入に加え、値上がり益の獲得を目指します。

  • ◆新興国の債券に投資することにより、相対的に高い利回りが期待されます。 一般的に新興国が発行する債券は格付けが低く、先進国等が発行する上位格付け債券と比較して高い利回りとなる傾向があります。したがって、相対的に高い投資収益率が期待できる反面、デフォルトが生じるリスクも高いと考えられます。

【格付け】
債券などの元本や利子が、償還まで当初契約の定め通り返済される確実性の程度を評価したものをいいます。
格付機関が、債券などの発行者の財務能力、信用力、今後の方向性などを分析、評価して、数字や記号で簡潔に表します。

【デフォルト】
投資した債券の元本やその利子の一部または全部が回収できない、もしくは遅延すること。

イメージ図

  • ◆原則として、為替ヘッジは行いません。
    米ドル建資産以外の外貨建資産については、実質的に米ドル建となるように為替取引を行う場合があります。
  • ◆J.P. Morgan EMBI Global Diversified(円換算)をベンチマークとします。
    ベンチマークを上回る投資成果をあげることを保証するものではありません。

投資対象国における非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更や資産凍結を含む規制の導入、自然災害、クーデターや重大な政治体制の変更、戦争等の場合をいいます。)の発生を含む市況動向や資金動向、残存信託期間等の事情によっては、特色1、特色2のような運用ができない場合があります。

ウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピーに運用指図の権限の一部を委託します。

  • ◆ウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピーは、1928年に創業した米国最古の運用機関の一つです。徹底したリサーチを行い、グローバルな視点から、新興国債券の運用専任チームがポートフォリオ管理を行います。

ページトップへ

年1回決算を行い、収益の分配を行います。

  • ◆毎年8月5日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、収益分配方針に基づいて分配を行います。

収益分配方針

  • 分配対象額の範囲は、経費控除後の配当等収益と売買益(評価益を含みます。)等の全額とします。
  • 委託会社が基準価額水準・市況動向等を勘案して、利子・配当収入を中心に分配金額を決定します。
    (ただし、分配対象収益が少額の場合には分配を行わない場合もあります。)

将来の収益分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。
また、委託会社の判断により、分配を行わない場合もあります。

使用している指数について

●J.P. Morgan EMBI Global Diversified
情報は、信頼性があると信じられる情報源から取得したものですが、J.P. Morganはその完全性・正確性を保証するものではありません。本指数は許諾を受けて使用しています。J.P. Morganからの書面による事前承認なしに本指数を複製・使用・頒布することは認められていません。
Copyright 2015, J.P. Morgan Chase & Co. All rights reserved.

ファンドのしくみ

ファミリーファンド方式により運用を行います。

ファンドのしくみ

ファミリーファンド方式とは、受益者から投資された資金をまとめた投資信託をベビーファンドとし、その資金の全部または一部をマザーファンドに投資して、マザーファンドにおいて実質的な運用を行う仕組みです。

主な投資制限

マザーファンドへの投資 マザーファンドへの投資割合は、制限を設けません。
外貨建資産への投資 外貨建資産への実質投資割合は、制限を設けません。
新興国単一国への投資 新興国単一国への実質投資割合は、取得時において、当ファンドの純資産総額の30%以内とします。
ユーロ建資産への投資 ユーロ建資産への実質投資割合は、取得時において、当ファンドの純資産総額の30%以内とします。
ソブリン債券以外への投資 ソブリン債券以外への実質投資割合は、取得時において、当ファンドの純資産総額の35%以内とします。
新興国の同一企業(政府関連機関を含む)が発行する債券への投資 新興国の同一企業(政府関連機関を含む)が発行する債券への実質投資割合は、取得時において、当ファンドの純資産総額の10%以内とします。

市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。

ページトップへ

投資リスク

ページトップへ

お申込みメモ

<スイッチングに関するご説明>
各ファンド間でのスイッチングが可能です。販売会社によっては、一部のファンドのみの取扱いとなる場合やスイッチングの取扱いを行わない場合があります。手続・手数料等は、販売会社にご確認ください。なお、換金時の譲渡益に対して課税されます。

ファンドの費用

ページトップへ

基準価額チャート

  • 基準価額・基準価額(分配金再投資)は1万口当たりです。
  • 基準価額および基準価額(分配金再投資)は、信託報酬控除後の値です。
  • 基準価額(分配金再投資)は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。
  • 表示期間内に分配金がない場合、基準価額(分配金再投資)は基準価額と等しく表示されます。
  • (ファンドの騰落率が表示されている場合)ファンドの騰落率は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しております。また、ファンドの騰落率と実際の投資者利回りとは異なります。
  • (ファンドの騰落率が表示されている場合)「設定来」選択時の騰落率は、10,000円を起点として計算しています。また、それ以外の表示設定においては常に開始日の基準価額を起点として計算しています。
  • 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入で処理しております。
  • 表示します運用実績(グラフ)は、お客さま自身が選ばれた任意の期間の基準価額(分配金再投資)の推移です。したがって、当社が運用実績の一部を強調し、お客さまに誤解を与えることを意図したものではありません。
  • ファンドの当該実績は過去のものであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。 また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。
  • (表示期間について入力できる場合)ファンドの設定日より以前の日付を指定された場合は、無効となります。
  • (表示期間について入力できる場合)表示期間は2営業日以上で入力してください。
  • (表示期間について入力できる場合)表示期間の開始日または最終日が休業日の場合(営業日に該当しない場合)、開始日は直後の営業日、最終日は直前の営業日の数値を用い算出します。
  • 換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

分配金実績(税引前)

決算日 基準価額 分配金実績(税引前)
2016年08月05日 22,522円 10円
2015年08月05日 25,053円 10円
2014年08月05日 20,672円 10円
2013年08月05日 18,366円 10円
2012年08月06日 15,178円 10円
2011年08月05日 13,819円 10円
2010年08月05日 13,939円 10円
2009年08月05日 12,803円 10円
2008年08月05日 13,684円 10円
2007年08月06日 14,323円 10円
2006年08月07日 13,210円 10円
2005年08月05日 11,920円 10円
2004年08月05日 10,330円 10円
設定来累計 130円

  • 分配金は1万口当たりです。
  • ファンドの当該実績は過去のものであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。 また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。
  • 換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

過去1年の月報

過去の運用報告書(全体版)

ページトップへ

取扱販売会社

販売会社名 URL 取扱ファンド一覧
アーク証券 http://www.ark-sec.co.jp/   取扱ファンド
エース証券 http://www.ace-sec.co.jp/   取扱ファンド
SBI証券 http://www.sbisec.co.jp/   取扱ファンド
岡三にいがた証券 http://www.okasan-niigata.co.jp   取扱ファンド
カブドットコム証券 http://www.kabu.com   取扱ファンド
木村証券 http://www.kimurasec.co.jp/   取扱ファンド
京葉銀行 http://www.keiyobank.co.jp/top.html   取扱ファンド
光世証券 http://www.kosei.co.jp/   取扱ファンド
篠山証券   取扱ファンド
荘内証券   取扱ファンド
第四証券 http://www.daishi-sec.co.jp/   取扱ファンド
高木証券 http://www.takagi-sec.co.jp/   取扱ファンド
東武証券 http://www.tobu-sec.jp/   取扱ファンド
南都銀行 http://www.nantobank.co.jp/   取扱ファンド
フィデリティ証券 http://www.fidelity.jp   取扱ファンド
松阪証券 http://www.matsusaka-sec.co.jp/   取扱ファンド
マネックス証券 http://www.monex.co.jp/   取扱ファンド
三井住友信託銀行 http://www.smtb.jp/   取扱ファンド
三菱UFJ信託銀行 http://www.tr.mufg.jp/   取扱ファンド
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 http://www.sc.mufg.jp/   取扱ファンド
水戸証券 http://www.mito.co.jp/   取扱ファンド
楽天証券 http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/ss/   取扱ファンド
リーディング証券 http://www.leading-sec.com/   取扱ファンド
リテラ・クレア証券 http://www.retela.co.jp   取扱ファンド

※ 注1:「★」の販売会社(申込取扱場所)は、取次販売会社です。

ページトップへ

ご購入の際は、必ず「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。 ご購入の際は、必ず「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。

  • お気に入り
  • 最近見た