ページトップ

HOME > 基準価額一覧 > ファンド詳細

ピムコ・エマージング・ボンド・オープンBコース(為替ヘッジあり)

ピムコ・エマージング・ボンド・オープンBコース(為替ヘッジあり)

追加型投信 海外 債券

日本経済新聞掲載名 エマボB

運用情報

基準日 2016年12月05日
基準価額 7,255円
前日比 +5円
(+0.07%)
解約価額 7,255円
純資産総額 235.67億円

基準価額グラフ(設定来)

チャート・過去の分配金など運用実績

  • ※上記は過去の実績・状況であり、将来の運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • ※換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

直近6期決算情報

決算日 基準価額 分配金実績(税引前)
2016年11月21日 7,303円 60円
2016年10月20日 7,733円 60円
2016年09月20日 7,750円 60円
2016年08月22日 7,913円 60円
2016年07月20日 7,842円 60円
2016年06月20日 7,607円 60円
設定来累計 6,813円
  • 基準価額・分配金は1万口当たりです。
  • ファンドの当該実績は過去のものであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。
  • 基準価額および基準価額(分配金再投資)は、信託報酬控除後の値です。
  • 基準価額(分配金再投資)は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。
  • 運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。
  • 換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

ページトップへ

ファンドの目的

米ドル建てを中心とした世界のエマージング債券等を実質的な主要投資対象とし、利子収益の確保および値上がり益の獲得をめざします。

ページトップへ

ファンドの特色

米ドル建てを中心とした世界のエマージング債券等を実質的な主要投資対象として、分散投資を行います。

  • ファンド・オブ・ファンズ方式により、信託財産の成長をめざして運用を行います。
  • 主として円建ての外国投資信託への投資を通じて、新興経済国の政府および政府機関等の発行する債券等に実質的な投資を行います。また、証券投資信託であるマネー・マーケット・マザーファンドの投資信託証券への投資も行います。
  • 投資対象とする円建外国投資信託における運用プロセスは、以下の通りです。

運用プロセス

上記の運用プロセスは変更される場合があります。また、市場環境等によっては上記のような運用ができない場合があります。

「運用担当者に係る事項」については、委託会社のホームページ(http://www.am.mufg.jp/corp/operation/fm.html)でご覧いただけます。

エマージング債券とは

新興経済国(エマージング・カントリー)の政府、政府機関、企業が発行する債券です。
先進国の国債等と比較して信用力が低い代わりに利回りが高くなる傾向があります。

新興経済国とは、経済が発展途上にあり、今後の急速な経済成長が期待できる国々をいいます。

<世界の主な新興経済国>

世界の主な新興経済国

上記以外の国を投資対象国とすることがあります。

<債券への投資方針について>

  • 実質的な投資対象とするエマージング債券は、新興経済国の政府および政府機関等の発行もしくは保証する債券(ソブリン債券、準ソブリン債券)ですが、エマージング債券と同様の投資効果を持つデリバティブ取引を活用する場合があります。
    また、一部資金管理目的で、米国の国債、政府機関債、社債、モーゲージ証券(MBS)、資産担保証券(ABS)等にも実質的に投資を行います。
  • 投資する債券の実質的な平均デュレーションは原則として3年以上8年以内で調整します。
  • 実質的に投資する債券は、原則として取得時において「CCC-格」相当以上の格付けを有しているものに限定し、投資する債券の実質的な平均格付けは原則として「B-格」相当以上を維持します。
  • 主に先進国通貨建ての資産に実質的に投資します。ただし、限定的な範囲内において、新興経済国の現地通貨建て資産にも実質的に投資を行います。

デュレーションとは、債券の投資元本の回収に要する平均残存期間や金利感応度を意味する指標です。この値が大きいほど、金利変動に対する債券価格の変動率が大きくなります。

<信用格付けと利回りについて>

信用格付けとは、債券の中長期的な元本・利子の支払いの確実性の度合いについてランク付けしたものです。これは、アルファベットを使った簡単な記号で表現されており、世界各国、産業別の債券について比較しやすいため、広く利用されています。

信用格付けと利回りについて

Moody'sのAaからCaaまでの信用格付けには「1、2、3」、S&PのAAからCCCまでの信用格付けには「+、-」という付加記号を省略して表示しています。
上記は信用格付けと利回りの間の一般的な関係を示したイメージ図であり、利回りは信用格付け以外の要因によっても変動するため、この関係通りの利回りが成立しない場合があります。

JPモルガンEMBIグローバル・ダイバーシファイド(円ベースおよび円ヘッジベース)をベンチマークとします。

  • 「Aコース(為替ヘッジなし)」は、JPモルガンEMBIグローバル・ダイバーシファイド(円ベース)をベンチマークとします。
  • 「Bコース(為替ヘッジあり)」は、JPモルガンEMBIグローバル・ダイバーシファイド(円ヘッジベース)をベンチマークとします。

JPモルガンEMBIグローバル・ダイバーシファイドとは、J.P.モルガン・セキュリティーズ・エルエルシーが算出し公表している米ドル建ての新興国国債および国債に準じる債券のパフォーマンスを表す指数で、指数構成国の組入比率に調整を加えた指数です。組入比率の調整を行わない指数としてJPモルガンEMBIグローバルがあります。
各指数は、J.P.モルガン・セキュリティーズ・エルエルシーが発表しており、著作権はJ.P.モルガン・セキュリティーズ・エルエルシーに帰属しております。

ベンチマークとは、ファンドの運用を行うにあたって運用成果の目標基準とする指標です。

実際のファンドの国別構成比率はベンチマークと異なります。

運用の指図に関する権限は、ピムコジャパンリミテッドに委託します。

  • ピムコ社(PIMCO=Pacific Investment Management Company LLC)は1971年に米国で設立された債券運用に強みを持つ会社です。
    ピムコジャパンリミテッドは、PIMCOグループの日本における拠点です。

運用の指図に関する権限の委託を受ける者、委託の内容、委託の有無等については、変更する場合があります。

「為替ヘッジなし」と「為替ヘッジあり」の2つのコースがあります。

  • 「Aコース(為替ヘッジなし)」は、原則として為替ヘッジを行わないため、為替相場の変動による影響を受けます。
  • 「Bコース(為替ヘッジあり)」は、原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ります。
  • 「Aコース(為替ヘッジなし)」と「Bコース(為替ヘッジあり)」の間で、スイッチングを行うことができます。

販売会社によっては、いずれか一方のファンドのみ取り扱う場合があります。詳しくは販売会社にご確認ください。

スイッチングの際は、換金するファンドに対して税金がかかります。スイッチングの購入時手数料は、販売会社が定めるものとします。販売会社によっては、スイッチングの取扱いを行わない場合があります。詳しくは販売会社にご確認ください。

原則として、毎月20日(休業日の場合は翌営業日)の分配をめざします。

  • 原則として、利子収入等を中心に、経費等を勘案して安定分配を行うことをめざします。ただし、分配対象収益が少額の場合は、分配を行わないことがあります。また、分配金額は運用実績に応じて変動します。

<分配金の支払いのイメージ>

分配金の支払いのイメージ

上記はイメージ図であり、将来の分配金の支払いおよびその金額について示唆、保証するものではありません。

収益分配金に関する留意事項

  • ◆分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。

投資信託で分配金が支払われるイメージ

  • ◆分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。
    また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
分配対象額は、(1)経費控除後の配当等収益および(2)経費控除後の評価益を含む売買益ならびに(3)分配準備積立金および(4)収益調整金です。
分配金は、分配方針に基づき、分配対象額から支払われます。

計算期間中に発生した収益を超えて支払われる場合

前期決算日から基準価額が上昇した場合

前期決算日から基準価額が上昇した場合

前期決算日から基準価額が下落した場合

前期決算日から基準価額が下落した場合

  • ※上記はイメージであり、実際の分配金額や基準価額を示唆するものではありませんのでご留意ください。
分配準備積立金:
当期の(1)経費控除後の配当等収益および(2)経費控除後の評価益を含む売買益のうち、当期分配金として支払わなかった残りの金額をいいます。信託財産に留保され、次期以降の分配金の支払いに充当できる分配対象額となります。
収益調整金:
追加型投資信託で追加設定が行われることによって、既存の受益者への収益分配可能額が薄まらないようにするために設けられた勘定です。
  • ◆投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。

分配金の一部が元本の
一部払戻しに相当する場合

分配金の一部が元本の一部払戻しに相当する場合

  • ※元本払戻金(特別分配金)は実質的に元本の一部払戻しとみなされ、その金額だけ個別元本が減少します。
    また、元本払戻金(特別分配金)部分は非課税扱いとなります。

分配金の全部が元本の
一部払戻しに相当する場合

分配金の全部が元本の一部払戻しに相当する場合


普通分配金 :
個別元本(投資者のファンドの購入価額)を上回る部分からの分配金です。
元本払戻金(特別分配金) :
個別元本を下回る部分からの分配金です。分配後の投資者の個別元本は、元本払戻金(特別分配金)の額だけ減少します。
  • (注)普通分配金に対する課税については、後掲「手続・手数料等」の「ファンドの費用・税金」をご参照ください。

ページトップへ

ファンドの仕組み

運用はファンド・オブ・ファンズ方式により行います。

ファンドの仕組み

三菱UFJ国際投信は、運用の指図に関する権限をピムコジャパンリミテッドに委託します。
ピムコジャパンリミテッドは、ピムコ社が運用する円建外国投資信託を通じて世界のエマージング債券等に投資するとともに、マネー・マーケット・マザーファンドを通じてわが国の短期公社債等に投資します。

主な投資制限

投資信託証券 投資信託証券への投資割合に制限を設けません。
外貨建資産 外貨建資産への直接投資は行いません。

市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。

ページトップへ

投資リスク

投資リスク

ページトップへ

お申込みメモ

お申込みメモ

<スイッチングに関するご説明>
各ファンド間でのスイッチングが可能です。販売会社によっては、一部のファンドのみの取扱いとなる場合やスイッチングの取扱いを行わない場合があります。手続・手数料等は、販売会社にご確認ください。なお、換金時の譲渡益に対して課税されます。

ファンドの費用

ファンドの費用

税金

くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

ページトップへ

基準価額チャート

  • 基準価額・基準価額(分配金再投資)は1万口当たりです。
  • 基準価額および基準価額(分配金再投資)は、信託報酬控除後の値です。
  • 基準価額(分配金再投資)は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。
  • 表示期間内に分配金がない場合、基準価額(分配金再投資)は基準価額と等しく表示されます。
  • (ファンドの騰落率が表示されている場合)ファンドの騰落率は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しております。また、ファンドの騰落率と実際の投資者利回りとは異なります。
  • (ファンドの騰落率が表示されている場合)「設定来」選択時の騰落率は、10,000円を起点として計算しています。また、それ以外の表示設定においては常に開始日の基準価額を起点として計算しています。
  • 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入で処理しております。
  • 表示します運用実績(グラフ)は、お客さま自身が選ばれた任意の期間の基準価額(分配金再投資)の推移です。したがって、当社が運用実績の一部を強調し、お客さまに誤解を与えることを意図したものではありません。
  • ファンドの当該実績は過去のものであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。 また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。
  • (表示期間について入力できる場合)ファンドの設定日より以前の日付を指定された場合は、無効となります。
  • (表示期間について入力できる場合)表示期間は2営業日以上で入力してください。
  • (表示期間について入力できる場合)表示期間の開始日または最終日が休業日の場合(営業日に該当しない場合)、開始日は直後の営業日、最終日は直前の営業日の数値を用い算出します。
  • 換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

分配金実績(税引前)

決算日 基準価額 分配金実績(税引前)
2016年11月21日 7,303円 60円
2016年10月20日 7,733円 60円
2016年09月20日 7,750円 60円
2016年08月22日 7,913円 60円
2016年07月20日 7,842円 60円
2016年06月20日 7,607円 60円
2016年05月20日 7,558円 60円
2016年04月20日 7,667円 60円
2016年03月22日 7,576円 60円
2016年02月22日 7,322円 60円
2016年01月20日 7,222円 60円
2015年12月21日 7,432円 60円
2015年11月20日 7,680円 60円
2015年10月20日 7,770円 60円
2015年09月24日 7,711円 60円
2015年08月20日 7,904円 60円
2015年07月21日 8,116円 60円
2015年06月22日 8,156円 60円
2015年05月20日 8,387円 60円
2015年04月20日 8,480円 60円
2015年03月20日 8,280円 60円
2015年02月20日 8,396円 60円
2015年01月20日 8,362円 60円
2014年12月22日 8,435円 60円
2014年11月20日 8,780円 60円
2014年10月20日 8,882円 60円
2014年09月22日 8,972円 60円
2014年08月20日 9,113円 60円
2014年07月22日 9,136円 60円
2014年06月20日 9,169円 60円
2014年05月20日 9,108円 60円
2014年04月21日 8,990円 60円
2014年03月20日 8,840円 60円
2014年02月20日 8,784円 60円
2014年01月20日 8,901円 60円
2013年12月20日 8,901円 60円
2013年11月20日 8,940円 60円
2013年10月21日 9,183円 60円
2013年09月20日 9,137円 60円
2013年08月20日 8,972円 60円
2013年07月22日 9,319円 60円
2013年06月20日 9,400円 60円
2013年05月20日 10,045円 60円
2013年04月22日 10,076円 60円
2013年03月21日 9,979円 60円
2013年02月20日 10,099円 60円
2013年01月21日 10,313円 60円
2012年12月20日 10,308円 60円
2012年11月20日 10,219円 60円
2012年10月22日 10,355円 60円
2012年09月20日 10,238円 60円
2012年08月20日 10,116円 60円
2012年07月20日 10,157円 60円
2012年06月20日 9,910円 60円
2012年05月21日 9,752円 60円
2012年04月20日 9,929円 60円
2012年03月21日 9,905円 60円
2012年02月20日 9,852円 60円
2012年01月20日 9,713円 60円
2011年12月20日 9,708円 60円
2011年11月21日 9,788円 60円
2011年10月20日 9,755円 60円
2011年09月20日 9,865円 60円
2011年08月22日 10,028円 60円
2011年07月20日 9,942円 60円
2011年06月20日 9,944円 60円
2011年05月20日 9,979円 60円
2011年04月20日 9,850円 60円
2011年03月22日 9,838円 60円
2011年02月21日 9,790円 60円
2011年01月20日 9,980円 60円
2010年12月20日 9,939円 60円
2010年11月22日 10,220円 60円
2010年10月20日 10,463円 60円
2010年09月21日 10,254円 60円
2010年08月20日 10,430円 60円
2010年07月20日 10,006円 60円
2010年06月21日 9,866円 60円
2010年05月20日 9,774円 60円
2010年04月20日 9,990円 60円
2010年03月23日 9,924円 60円
2010年02月22日 9,697円 60円
2010年01月20日 9,804円 60円
2009年12月21日 9,804円 60円
2009年11月20日 9,824円 60円
2009年10月20日 9,871円 60円
2009年09月24日 9,729円 60円
2009年08月20日 9,445円 60円
2009年07月21日 9,280円 60円
2009年06月22日 9,078円 60円
2009年05月20日 9,255円 60円
2009年04月20日 9,009円 60円
2009年03月23日 8,648円 60円
2009年02月20日 8,503円 60円
2009年01月20日 8,599円 40円
2008年12月22日 8,469円 40円
2008年11月20日 7,962円 40円
2008年10月20日 8,205円 40円
2008年09月22日 9,417円 40円
2008年08月20日 9,791円 40円
2008年07月22日 9,721円 40円
2008年06月20日 9,857円 40円
2008年05月20日 10,137円 40円
2008年04月21日 10,128円 20円
2008年03月21日 10,099円 20円
2008年02月20日 9,984円 20円
2008年01月21日 10,056円 18円
2007年12月20日 9,998円 18円
2007年11月20日 9,984円 18円
2007年10月22日 10,078円 18円
2007年09月20日 10,007円 18円
2007年08月20日 9,714円 18円
2007年07月20日 10,001円 16円
2007年06月20日 10,114円 16円
2007年05月21日 10,264円 16円
2007年04月20日 10,305円 16円
2007年03月20日 10,241円 16円
2007年02月20日 10,224円 16円
2007年01月22日 10,193円 18円
2006年12月20日 10,291円 18円
2006年11月20日 10,190円 18円
2006年10月20日 10,077円 20円
2006年09月20日 10,073円 20円
2006年08月21日 10,101円 20円
2006年07月20日 9,838円 23円
2006年06月20日 9,755円 23円
2006年05月22日 9,899円 23円
2006年04月20日 10,071円 26円
2006年03月20日 10,275円 26円
2006年02月20日 10,386円 26円
2006年01月20日 10,336円 29円
2005年12月20日 10,183円 29円
2005年11月21日 10,125円 29円
2005年10月20日 10,021円 32円
2005年09月20日 10,253円 32円
2005年08月22日 10,042円 32円
2005年07月20日 10,038円 35円
2005年06月20日 10,033円 35円
2005年05月20日 9,839円 35円
設定来累計 6,813円
  • 分配金は1万口当たりです。
  • ファンドの当該実績は過去のものであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。 また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。
  • 換金時の費用・税金等は考慮しておりません。

過去3ヵ月の週報

過去1年の月報

過去の運用報告書(全体版)

ページトップへ

取扱販売会社

販売会社名 URL 取扱ファンド一覧
秋田銀行 http://www.akita-bank.co.jp/   取扱ファンド
イオン銀行 http://www.aeonbank.co.jp/   取扱ファンド
SBI証券 http://www.sbisec.co.jp/   取扱ファンド
カブドットコム証券 http://www.kabu.com   取扱ファンド
大正銀行 http://www.taishobank.co.jp/index.php   取扱ファンド
大和証券 http://www.daiwa.jp/   取扱ファンド
高木証券 http://www.takagi-sec.co.jp/   取扱ファンド
千葉銀行 http://www.chibabank.co.jp/   取扱ファンド
八十二銀行 http://www.82bank.co.jp/   取扱ファンド
百五銀行 http://www.hyakugo.co.jp/   取扱ファンド
百五証券 http://www.105sec.co.jp/   取扱ファンド
広島銀行 http://www.hirogin.co.jp/   取扱ファンド
マネックス証券 http://www.monex.co.jp/   取扱ファンド
三菱東京UFJ銀行 http://www.bk.mufg.jp/   取扱ファンド
三菱UFJ信託銀行 http://www.tr.mufg.jp/   取扱ファンド
楽天証券 http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/ss/   取扱ファンド

※ 注1:「★」の販売会社(申込取扱場所)は、取次販売会社です。

・募集取扱いを行うすべての販売会社が掲載されていない場合があります。

・販売会社については当社のフリーダイヤルにお問い合わせください。

ページトップへ

ご購入の際は、必ず「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。ご購入の際は、必ず「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。

  • お気に入り
  • 最近見た