ファンドの費用・リスクはこちら

揺るぎない信念、長期投資

BEILLIE Actual Investors

ベイリー・ギフォード社の運用戦略を活用する
三菱UFJ国際投信の投資信託(計4ファンド)の
ご理解を深めていただくために
ベイリー・ギフォード社をご紹介します。

*ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド/
ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド(予想分配金提示型)/
ベイリー・ギフォード インパクト投資ファンド/
ベイリー・ギフォード インパクト投資ファンド(予想分配金提示型)

「成長株への長期投資」

100年超の歴史が育む投資哲学を皆さまの資産形成の一助に

成長株への長期投資に強みを有する、ベイリー・ギフォード社。
スコットランドで100年以上に亘り長期投資を実践
してきた運用会社です。

三菱UFJ国際投信の投資信託を通じて、
ベイリー・ギフォード社の投資哲学「長期投資」をお届けします。

投資哲学3つの秘訣

NEWS

ベイリー・ギフォード社 投資哲学
3つの秘訣

ベイリー・ギフォード社
パートナー(共同経営者)の視点

  1. 1

    長期投資を前提とした銘柄選定

    選び抜いた銘柄を忍耐強く保有

    ベイリー・ギフォード社はアクティブ運用に特化しています。比較的少数の銘柄によるポートフォリオを構築。成長に確信が持てる銘柄は、短期的に株価が下落しても簡単に手放すことはせず、長期で保有します。

  2. 2

    独自性のある情報源

    一般的に市場で注目される企業の四半期決算等ではなく、
    他の市場参加者がほとんど気づいていない
    見通しや展望に目を向けることを重視しています。

    ※上記は一例です。

  3. 3

    パートナーシップ制の採用

    外部株主に左右されない経営体制

    共同経営者であるパートナーが経営を行っています。外部株主からの圧力がないため、短期的な値上がり益にとらわれることなく「長期投資」という投資哲学を貫くことが可能となります。たとえば、ファンドマネージャーの評価も5年以上の長期的な単位で行っています。

FUNDS

ベイリー・ギフォード社の運用戦略を活用する
三菱UFJ国際投信の投資信託のご紹介

10年先を見据えて成長企業を探す

ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド
愛称:ロイヤル・マイル

設定来騰落率

(2019年1月31日~2021年5月31日

139.9%

ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド
(予想分配金提示型)
愛称:ロイヤル・マイル

社会的課題の解決と経済的利益獲得の両立を目指す

ベイリー・ギフォード インパクト投資ファンド
愛称:ポジティブ・チェンジ

設定来騰落率

(2019年6月17日~2021年5月31日

131.7%

POSITIVE CHANGEファンド スペシャルページ

ベイリー・ギフォード インパクト投資ファンド
(予想分配金提示型)
愛称:ポジティブ・チェンジ

ABOUT

ベイリー・ギフォード社の基本情報

投資のプロ、
年金基金の運用でも選ばれています

運用・助言資産残高

運用・助言資産残高に占める年金比率

左図:1990年~2020年、10年毎、右図:2020年12月末時点
出所:ベイリー・ギフォード・インベストメント・マネジメント(ヨーロッパ)リミテッドのデータを基に三菱UFJ国際投信作成

上図:1990年~2020年、10年毎、下図:2020年12月末時点
出所:ベイリー・ギフォード・インベストメント・マネジメント(ヨーロッパ)リミテッドのデータを基に三菱UFJ国際投信作成

1908年に英国スコットランドの
首都エディンバラに設立された、独立した資産運用会社です。
設立以降、「長期投資」という投資哲学を貫いて来ました。
運用が評価され、預かり資産は45兆円を超えています。
また、長期的な目線で運用が行われる
世界各国の年金基金の運用も任されており、
預かり資産の約50%が年金資産となっています。(2020年末時点)

MUFGグループ×ベイリー・ギフォード社 1989年より三菱UFJ信託銀行はベイリー・ギフォード社と提携し、年金のお客様向けの投資助言を行ってきました。
Baillie Gifford Actual Investors, Baillie Gifford are long-term investors, not speculators 揺るぎない信念、長期投資

【投資リスク】
基準価額の変動要因:基準価額は、株式市場の相場変動による組入株式の価格変動や為替相場の変動等により上下します。また、組入有価証券等の発行者等の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の影響を受けます。これらの運用により信託財産に生じた損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。したがって、投資者のみなさまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。投資信託は預貯金と異なります。主な変動要因は、価格変動リスク、為替変動リスク、信用リスク、流動性リスク、カントリー・リスクです。上記は主なリスクであり、これらに限定されるものではありません。くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

【ファンドの費用】
○お客様が直接的に負担する費用
■購入時[購入時手数料]購入価額に対して、上限3.30%(税抜 3.00%)
■換金時[信託財産留保額] ありません。

○お客様が信託財産で間接的に負担する費用
■保有期間中
[運用管理費用(信託報酬)]
ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド/ベイリーギフォード世界長期成長株ファンド(予想分配金提示型)・・・
(実質的な信託報酬率)ファンドの純資産総額に対して年率1.6445%程度(税抜 年率1.5000%程度)
ベイリー・ギフォード インパクト投資ファンド/ベイリー・ギフォード インパクト投資ファンド(予想分配金提示型)・・・
(実質的な信託報酬率)ファンドの純資産総額に対して年率1.5180%程度(税抜 年率1.3850%程度)
※ファンドの信託報酬率と、投資対象とする投資信託証券の信託(管理)報酬率を合わせた実質的な信託報酬率です。

[その他の費用・手数料]
監査費用、売買委託手数料、投資信託証券の諸費用や税金等、保管費用、その他信託事務処理の諸費用等(その他の費用・手数料については、売買条件等により異なるため、あらかじめ金額または上限額等を記載することはできません。)

※上記の費用(手数料等)については、保有金額または保有期間等により異なるため、あらかじめ合計額等を記載することはできません。

【留意事項】
当ページは三菱UFJ国際投信が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。投資信託をご購入の場合は、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。当ページの内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。当ページは信頼できると判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性等を保証するものではありません。投資信託は、預金等や保険契約とは異なり、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。銀行等の登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の補償の対象ではありません。投資信託は、販売会社がお申込みの取扱いを行い委託会社が運用を行います。

ページトップへ戻る

企業の創業者
とのパイプ

特に重視している投資先企業には窓口となる担当者を定め、信頼関係構築に努めるなど、ベイリー・ギフォード社は「長期投資家」として投資先企業とのエンゲージメントを重視。結果として、経営者や創業者から直接情報を得ることに成功しました。

独立リサーチャーの
ユニークな視点

金融業とは異なるバックグランドを有する独立リサーチャーと契約し、多種多様なテーマに関する分析を得ることで、調査プロセスにユニークな視点を加えています。

大学の研究助成
を通じた情報収集

世界各国の大学の研究への助成を通じてAIや先端医療、遺伝子工学等に関する情報収集を行っています。新しい知見は、銘柄発掘に繋がることもあります。