知ってる人は始めてる?! 3つのNISA 少額投資非課税制度

NISAなら投資から得た運用益が非課税に!

ニーズに合わせて3つの制度から選択が可能

(出所)金融庁開示資料等を基に三菱UFJ国際投信作成
⼀般
NISA
つみたて
NISA
ジュニア
NISA
対象年齢 20歳以上 20歳以上 0〜19歳
年間⾮課税投資枠 上限120万円 上限40万円 上限80万円
⾮課税対象 株式・投資信託等への投資からの運⽤益等 ⼀定の要件を備えた投資信託等への投資からの運⽤益等 株式・投資信託等への投資からの運⽤益等
⾮課税期間 最⻑5年間 最⻑20年間 最⻑5年間
買付⽅法 ⼀括または積⽴ 積⽴のみ ⼀括または積⽴
払出し制限 なし なし 原則、18歳まで払出し制限あり
投資可能期間 2023年まで 2018年〜2037年 2023年まで
運⽤の管理者 本⼈ 本⼈ 親権者等

※一般NISAとジュニアNISAは非課税期間満了時に新たな非課税投資枠へ移管(ロールオーバー)する場合は上限は適用されません。(2018年から)

※投資対象商品は金融機関毎に異なります。

※株式・投資信託等とは、上場株式、公募株式投資信託、上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(J-REIT)等を指します。

※つみたてNISAにおいて、一定の要件を備えた投資信託等とは、長期の積立・分散投資に適した一定の公募株式投資信託、上場株式投資信託(ETF)のうち金融庁に届出されたものを指します。

※運用益とは投資信託等の譲渡益、配当等を指します。

※一般NISAとつみたてNISAは同一年では併用できず、どちらか一方を選択。また年単位で金融機関の変更が可能。ジュニアNISAは原則、金融機関の変更はできません。

※NISA口座で買い付けた有価証券を売却した際に譲渡損失が生じても、他の特定口座や一般口座での譲渡益と損益通算をすることや、繰越控除をすることはできません。

※NISA口座で買い付けた有価証券の途中売却は可能です。ただし、売却部分の非課税投資枠の再利用は出来ません。

※上記の説明は概要であり、すべてを網羅したものではありません。また、一般的な説明であり、金融機関ごとに違う対応となる場合があります。詳しくは金融機関にお問い合わせください。

※上記は、作成時点の情報に基づいて作成していますので、今後変更となることがあります。

どの制度にすればよいの?

※上記はあくまで三菱UFJ国際投信の考えであり、その内容・正確性等を保証するものではありません。

積立投資をもっと詳しく!

資産運用を始める・続ける人を応援し続けるサイト つみたてステーション