ページトップ

HOME > 会社情報 > 事業内容・方針 > CSRへの取り組み

事業内容・方針

CSRへの取り組み

運用会社としてのCSR

SRI※関連ファンドの運用

※Socially Responsible Investment(社会的責任投資)CSRへの取り組み度合いにより投資先を選定しようという考え方

私たちは、以下のようなCSRに関連する企業に投資するファンドを運用し、ご提供しております。

【1】温暖化対策株式オープン(愛称:グリーン・プラネット)
エネルギー消費の増大、大気汚染、ヒートアイランド現象、水不足・水質汚染など、「地球温暖化」は様々な課題を投げかけています。

【2】三菱UFJ グローバル農業関連株式ファンド(愛称:ゴールデン・ハーベスト)
世界人口の増加、新興諸国における食肉消費の増加、また再生可能エネルギーとして注目されるバイオ燃料の原材料として、農業関連分野の生産性向上ニーズが高まっています。

【3】三菱UFJ SRIファンド(愛称:ファミリー・フレンドリー)
第1回「ワーク・ライフ・バランス大賞」(事務局:(財)社会経済生産性本部)において、当ファンドが「貢献活動」部門で優秀賞を受賞致しました。

【4】エコ・パートナーズ(愛称:みどりの翼)
収受した信託報酬の中から、公益信託 日本経団連自然保護基金に寄付をしています。

【5】三菱UFJ グローバル・エコ・ウォーター・ファンド(愛称:ブルーゴールド)
生命維持に不可欠な資源「水」。その希少性から「青い金脈(ブルーゴールド)」として世界の注目を集めています。
会社情報 | 投資信託なら三菱UFJ国際投信