ページトップ

HOME > 会社情報 > 事業内容・方針 > CSRへの取り組み

事業内容・方針

CSRへの取り組み

運用会社としてのCSR

私たちは、以下のようなCSRに関連する企業に投資するファンドを運用し、ご提供しております。

【1】MAXISカーボン・エフィシェント日本株上場投信
炭素効率性の高い(炭素排出量の少ない)企業のウェイトを高め、炭素効率性の低い(炭素排出量の多い)企業のウェイトを下げることにより、指数全体の炭素排出量の削減を目指す「S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数」に連動する投資成果を目指すETFです。
【2】ベイリー・ギフォード インパクト投資ファンド(愛称:ポジティブ・チェンジ)
投資のリターン(経済的利益)と社会的課題の解決(社会的利益)の2つの利益の実現を目指す「インパクト投資」を行うファンドです。
【3】eMAXIS ジャパンESGセレクト・リーダーズインデックス
ESG(環境、社会、ガバナンス)評価に優れた国内企業を選別して構築される指数(MSCI ジャパンESGセレクト・リーダーズ指数)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。
【4】三菱UFJ グローバル・エコ・ウォーター・ファンド(愛称:ブルーゴールド)
日本を含む世界の水関連企業の株式に投資を行うファンドです。生命維持に不可欠な資源「水」。その希少性から「青い金脈(ブルーゴールド)」として世界の注目を集めています。
【5】三菱UFJ SRIファンド(愛称:ファミリー・フレンドリー)
仕事と生活を両立でき、多様で柔軟な働き方を選択できる「ファミリー・フレンドリー企業」として高く評価され、かつ株価が割安と判断される国内の企業に投資を行うファンドです。
【6】エコ・パートナーズ (愛称:みどりの翼)
環境問題に積極的に取り組み、かつ投資価値の高い国内企業を厳選し、投資するファンドです。収受した運用管理費用(信託報酬)の中から、公益信託 経団連自然保護基金に寄付を行っています。
会社情報 | 投資信託なら三菱UFJ国際投信