ページトップ

HOME > 会社情報 > 事業内容・方針 > CSRへの取り組み

事業内容・方針

CSRへの取り組み

健康経営への取り組み

健康経営宣言

 三菱UFJ国際投信では、「経営ビジョン」にて「真のプロフェッショナル集団として、お客さまの期待を超える“プラスα”を提供し続ける」ことを掲げています。その実現のためには、従業員一人ひとりが心身ともに健康で長く働けることが重要と考えます。
 「健康経営」への取り組みは、従業員の健康の維持・増進に繋がります。それが、ひいては会社の永続的な成長、発展に繋がると考え、当社は「健康経営」を実践して参ります。その上で社会やお客さまからの信頼や期待に一層お応えして参ります。

2019年10月
三菱UFJ国際投信株式会社
取締役社長 松田 通

推進体制 推進責任者 人事部所管役員
  推進主体 人事部
    (経営企画部、産業医、健康保険組合と連携)
目標 定期健康診断の受診率の100%維持
  特定保健指導の実施率の引き上げ
  高度健康診断受診率の引き上げ
主な取り組み 特定保健指導の社内実施による受診勧奨(実施済み)
  近隣の高度健診実施可能先の紹介(実施済み)
  社内でのインフルエンザ予防接種実施(実施済み)
  無料での禁煙プログラムの提供(実施済み)
  社内での健康に関するセミナーの開催(実施済み)
  婦人科検診費用の会社負担(実施済み)

健康経営優良法人の認定取得

2020年3月 三菱UFJ国際投信は、経済産業省と日本健康会議が実施する「健康経営優良法人認定制度」において、「健康経営優良法人 2020(大規模法人部門)」に認定されました。

 「健康経営優良法人認定制度 」とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康経営会議が進める取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。

当社は、2019年10月健康経営宣言を社内外へ発表し、その取り組みを進めて参りました。
引き続き、健康経営の実践を進め、社会やお客さまからの信頼や期待に一層お応えして参ります。


健康経営優良法人2020

会社情報 | 投資信託なら三菱UFJ国際投信